介護理念

思いやりの心を
明るく豊かな
人生のために。

私たち慈雲福祉会の基本理念は「思いやりの心を明るく豊かな人生のために。」です。これは私たちの施設を利用してくださる方だけへの想いではあリません。

ともにこの法人を動かしていくスタッフたちへのメッセージでもあリます。この場所が単なる仕事場ではなく、スタッフ一人ひとリの人生が少しでも明るく、少しでも豊かなものになる場所をめざしています。

そんな場所であり続けられるよう、ご利用者のことはもちろんですが、スタッフにとっても快適な施設づくリを進めています。例えば施設のICT化、これはご利用者への最適なケア提案のためだけでなく、スタッフの負担軽減の意味も込めて行いました。

私たちの職場を通じて、あなたの人生をより豊かなものにしてください。

介護方針

  • おむつ使用率0%

    全国で認定されている「おむつ0施設」の仲間としてクオリティの高い介護を実践しています。

  • 車椅子から自立歩行へ

    歩くことを忘れてしまった車いすご利用者に、もう一度歩く喜びを思い出していただく取り組みを行っています。

  • 口から「食べる」にこだわる

    私たちは胃ろうの方にももう一度口から食事をする楽しみを味わっていただくべく積極的に支援を続けています。

  • 認知症状をケアで緩和する

    年中行われるレクレー ション活動やご利用者の主体性を引き出すケアで認知症の緩和に取り組んでいます。

導入設備・機器

誰もが気持ちよく募らせるように施設の快適化のための設備の導入はもちろん、介護を受ける側も、行う側も双方の負担や危険が限りなく軽減され、コミュニケーションが活発になることでみんなが笑顔になれる介護施設をめざしております。

全館にオゾン脱臭装置を完備

慈雲福祉会では全館にオゾン脱臭装置を完備し、人体に無害なオゾンの力で空気中の除菌や脱臭を常に行っています。清潔で安心な空間を保つことで、利用者はもちろん働く人にも生活しやすい施設となっています。

  • スライディングボード&スライディングシート
    ボード上を滑らすように移乗動作が可能になります。
  • 眠りSCAN
    体位交換、座位の修正がシートの使用で楽に行えます。
  • スカイリフト
    「立つ」「座る」動作をサポートします。スタッフが抱え上げる動作を行わずにリフト操作でトイレ介助、移乗介助が可能です。
  • 走行式リフト
    釣り型リフトです。重度ご利用者の移乗動作で使用します。
  • ネオスケア
    居室内にコンパクトな機器を設置。赤外線でのシルエット見守りを行います。ご利用者の状態に合わせたサインで端末にお知らせ通知し、居室訪問せずに端末上で状態確認が行えます。夜間居室訪問を減らすことでご利用者の安眠を促す効果が期待できます。
  • ARMS
    ベッド下に挿入するだけで睡眠状態、呼吸、心拍をSCANしパソコン、ipadへデータを送信。認知症ご利用者の睡眠状態の把握、看取り期のご利用者の状態把握にも一役かっています。
  • リショーネ
    ベッドがリクライニング車椅子に変身。ご利用者の移乗時に生じる身体的・精神的負担を軽減し、活動の場を広げることができます。